風の心

風も心も見えないけど、「ある」。それを 私なりの言葉で伝えてます

童心にカエル

思い出してみた

こどもの頃を。

 

道端に咲く小さな花を見て喜んでいた。

ダンゴムシを見つけて転がして遊んでいた。

ツツジの蜜を吸って、これがあれば行きていけると豪語していた。

友達と日が暮れるまで、洋服を泥だらけにして遊び転げてた。

 

成長していくにつれ、目線はどんどん上がっていき、ダンゴムシを見かけることもなくなった。

時間ばかり気にして道端に咲く花を見る余裕もなくなっていた。

 

気がついたらこんなに時間が経っていた。

というくらい遊びに夢中になったのはいつのことだったろう?

 

f:id:secondwindp:20180612070130j:image

こどもの頃の記憶をたぐって折り紙をやった。

 

折り方、忘れてる^^;

 

でも時間が経つのが早かった。

思ったようにできなくてイライラするのも楽しい。

言葉はなくても友達と一緒に過ごす時間。

 

次は塗り絵かな。

 

ただ楽しい時間だった。

これ、大事やね!

 

 

生まれた日

生きていれば毎年迎える日。

 

お祝いしてもらう日と思っていたけど

 

最近はこの日に自身と向き合う出来事に出逢う。

 

今日も、そう。

 

出来事だけを見たら

 

『情けない』

『みじめ』

『悔しい』

 

こんな気持ち。

 

普段ごまかして見ないようにしていた気持ちにぶつかった。

 

f:id:secondwindp:20180526105819j:image

 

 

いまに見てろ

このまま終わってたまるか。

 

甘いもの食べながら

肚に染み込むこの思い。

 

しっかり味わおう。

ポリポリ

食事の前に食べると

体重減量に効果的と教えてもらって始めたキュウリ食ダイエット🥒

 

みずみずしくて美味しい

 

火を通さなければ

どんな食べ方でもいいらしい。

 

塩、もろみ、マヨネーズ、塩こぶ和え、ドレッシング

 

f:id:secondwindp:20180515080750j:image

 

f:id:secondwindp:20180515080814j:image

 

丸かじりが一番美味しいかも(o^^o)

 

ただし、身体を冷やす食品なので

温かい飲み物も一緒に。

 

1ヶ月後の変化が楽しみ♪

 

 

今がそのタイミング?

昨年同じ時期に彼氏ができた友達。

 

彼女が彼と旅行したのが

昨年12月

行き先は出雲

 

年明けてすぐ私と彼のお付き合いは終わった。

 

友達とはなかなか会う機会がつくれず。

本当は順調にお付き合いしている彼女に会う気持ちになれなかったのかもしれない。

 

その友達も何だかんだあって最近お別れしたとメールで聞いた。

 

奇しくも今月はお互いの誕生月。

 

半年ぶりに再会。

 

彼女がようやく渡してくれたモノ

 

f:id:secondwindp:20180512112434j:image

 

これからの新しいご縁のキッカケになるかも?

 

彼女いわく

 

今が渡すタイミングだったのかもね。

 

うん、そうかもしれない。

じつは、、

友人にもらった韓国土産♪

 

f:id:secondwindp:20180508151126j:image

 

美味しそう♪

と、思ったら

 

f:id:secondwindp:20180508151145j:image

 

バンドクリームでした(o^^o)

 

 

甘そうな外見と違って

柑橘系の爽やかな香りでした。

 

 

こどもの頃の思い出

5月5日はこどもの日

 

だからってワケではないけど

思い出したこどもの頃の記憶。

 

クリスマスケーキは近所の洋菓子店のケーキが定番でした。

 

今とは違い生クリームはまだまだ珍しかった時代。

バタークリームたっぷりの

甘ーいケーキ。

それでもクリスマスを感じる唯一の食べ物でした。

 

今でもお店はあるけれど

ここのシャッターが開いて商品が並ぶことは

もう、ない。

通るといつもケーキが焼ける甘い匂いも、ない。

 

f:id:secondwindp:20180505122244j:image

 

きっと今のケーキの方が何十倍も美味しいんだろうけど。

 

思い出の詰まったあの味には勝てないね。

応援タノム

久しぶりに訪れた

近所の平尾八幡宮

 

肉眼では見えない光がカメラを通すと

こんなに綺麗に見える

 

f:id:secondwindp:20180503183018j:image

 

おねがいごとというよりは

 

チャレンジしていくことを

ご報告

そして

後押しをおねがいしてきました。

 

ひるみそうになる自分へ

鼓舞する意味を込めて。。