風の心

風も心も見えないけど、「ある」。それを 私なりの言葉で伝えてます

ひとつの違い

折り鶴

 
大人になった今でも折ることが、できる
 
手が指が折り方を覚えてるから、考えなくても、折れる。
 
だけど、
なんかグチャッとなる。
 
端っこがズレないよう、角を合わせる。
丁寧にユックリ折る。
 
なのに最終的には、どれもバランスが悪い。
折りやすいように、予め折り目をつけても一緒。
 
だんだんイライラする私
 
何度も繰り返せば綺麗に折れるように、、、
 
 
ならない(涙)。
 
 
見かねた仲間が、一緒に折ってみよう。
と言ってくれた。
 
わかった。
 
たった、ひとつの違い。
 
だけど出来映えを大きく左右する違い。
 

f:id:secondwindp:20180813232727j:image

↑私の今までの折り目。
 

f:id:secondwindp:20180813232800j:image

↑仲間が教えてくれた、折り目。
 

f:id:secondwindp:20180813232848j:image

↑青い方は二つがピッタリ重なってるのです。


 f:id:secondwindp:20180813232817j:image

↑出来上がり。
 
 
両方とも私が折りました。
 
グチャッとなったピンクから綺麗にできたブルーの鶴を折れる様になるまで。
 
 
大変な苦労を重ねたワケでも
途方も無い量の鶴を折り続けたワケでもありません。
 
たったの3分。
 
ただひとつ
折り目をつける場所を変えただけ。
 
コツを知ってから
鶴を折るペースが速くなった。
コツを知ったから
ストレスなくスッと折ることができるようになった。
 
折り鶴を折れば折るほど出来上がりが不恰好だから
自分はなんて不器用なんだろう。
そう思い込んでいた。
 
そうではなかった。
 
仲間が一緒に折って見せてくれたことでわかった。
 
たったひとつの手順を抜かしていた。
 
努力 ×    コツを知る ×  行動 =  成果
 
折り鶴とステキな仲間のおかげでひとつ成長できました!

 

ありがとう😊
 
 
 

あらしのよるに

大雨で地中から出てきてしまったのか

 

歩道をヨロヨロと歩いていたモノ。

 

よく見ると

 

蝉の幼虫でした。

 

脱皮した後の抜け殻はよく見るけど

脱皮前の姿は始めて。

 

成虫まであとどのくらいなのか、

わからないけれど。

土の中ですごす期間の方が長いらしい。

 

しっかり大きくなって、立派な蝉になってね(^^)

 

f:id:secondwindp:20180709133719j:image

 

ナイストライ

梅干しはカラダにいい

ってことでちょっとしたマイブーム。

 

今夜の晩御飯は何にしようか?

冷凍庫にはサラダチキンがある。

玉ねぎもキャベツもある。

 

なんかパスタ食べたいな。

 

思い浮かんだ具材で

さっぱりパスタを作ろう!

 

レシピも見ずに思いつくままに

味付けしてみた。

 

見た目はまぁまぁ

いざ実食!

f:id:secondwindp:20180705202603j:image

↑黒っぽいのはワカメです。

 

『なんか、、

しょっぱい😥

味付け薄いかなと思い塩を振ってしまった。味見もせずに。

梅も多い方がいいかなと思い、

5個潰して細かく刻んで混ぜた。

 

でもパスタと混じり合ってない感じ。

 

くじけずにまたトライしよう!

 

みんながみんな

あなたの言葉で背中を押してもらった。

 

あなたが話しを聴いてくれたから気持ちがスッキリした。

 

あなたに出会えて良かった。

 

あなたのような人になりたい。

 

あなたの助けがあったから、物事がスムーズにいった。

 

誰もがこのような言葉を伝えたり、思ったりしたことがあると思う。

そして誰かに言われたり思われたりしたことがあると思う。

 

だから、

私なんか

とか

私はここにいてはいけない

とか

 

思わなくていい。

というか

思っちゃいけない。

 

だってみんな誰かの大切な存在なんだから。

 

大切な人に思いを伝えよう。

 

f:id:secondwindp:20180703202251j:image

 

 

まさかの優勝

会社のイベントで開催したボーリング大会。

 

ただ真ん中を見て、まっすぐ投げる。

指を離すタイミングを意識する。

そしてピンが全て倒れるのを想像。

 

それを繰り返していたら自分のスコアがトップだった。

 

優勝したい!

という気持ちよりもストライクをイメージし続けて喜ぶ自分を味わい続けただけ。

 

そしたら『優勝』という『おまけ』がついてきた。

 

f:id:secondwindp:20180622131758j:image

証拠となるモノ(o^^o)

 

もう一つの証明は筋肉痛(笑)

 

 

童心にカエル

思い出してみた

こどもの頃を。

 

道端に咲く小さな花を見て喜んでいた。

ダンゴムシを見つけて転がして遊んでいた。

ツツジの蜜を吸って、これがあれば行きていけると豪語していた。

友達と日が暮れるまで、洋服を泥だらけにして遊び転げてた。

 

成長していくにつれ、目線はどんどん上がっていき、ダンゴムシを見かけることもなくなった。

時間ばかり気にして道端に咲く花を見る余裕もなくなっていた。

 

気がついたらこんなに時間が経っていた。

というくらい遊びに夢中になったのはいつのことだったろう?

 

f:id:secondwindp:20180612070130j:image

こどもの頃の記憶をたぐって折り紙をやった。

 

折り方、忘れてる^^;

 

でも時間が経つのが早かった。

思ったようにできなくてイライラするのも楽しい。

言葉はなくても友達と一緒に過ごす時間。

 

次は塗り絵かな。

 

ただ楽しい時間だった。

これ、大事やね!

 

 

生まれた日

生きていれば毎年迎える日。

 

お祝いしてもらう日と思っていたけど

 

最近はこの日に自身と向き合う出来事に出逢う。

 

今日も、そう。

 

出来事だけを見たら

 

『情けない』

『みじめ』

『悔しい』

 

こんな気持ち。

 

普段ごまかして見ないようにしていた気持ちにぶつかった。

 

f:id:secondwindp:20180526105819j:image

 

 

いまに見てろ

このまま終わってたまるか。

 

甘いもの食べながら

肚に染み込むこの思い。

 

しっかり味わおう。